エイジングコスメ

若い頃には余り気にならなかったお肌も、二十歳を過ぎて半ば頃になると、お肌の変化が気になり出します。

お肌の老化はアラサーと言われる頃に気づいて、お肌のお手入れを始めるのではなく、若い頃からお肌に負担をかけないお手入れが大切です。

老けを予防するアンチエイジング

肌老化の原因

お肌が老化する原因には、外的要素と内的要素があります。

外的要素の一番は、紫外線(UV)で生まれてから影響が徐々に蓄積されていき、一般に「光老化」といわれています。

光老化は、日々のお手入れで紫外線が肌に当たるのを防止することは可能で、そのためのお肌のアンチエイジングのお手入れがUVケアです。

以前は、母子手帳で健康の為に日光浴が推奨されていたのですが、紫外線を浴びるとDNA(遺伝子)に傷がついてしまうことが判明したため日光浴という項目は削除されました。

遺伝子の傷は、通常2〜3日で修復されますが、その傷が治らないまま突然変異をおこしてしまうと、皮膚ガンにつながってしまう恐れがあるのです。

このように紫外線がお肌に与える影響ははかり知れない為、紫外線を侮っていては絶対にダメで、お肌のアンチエイジングのためのエイジングケアが大切なのす。

次に、肌老化の原因の一つが加齢による老化です。

加齢による肌老化は、生まれた時から細胞レベルにまで深くプログラミングされているため避けようがありませんが、肌老化を目立たなくしたり遅らせたりするために販売されているのがエイジングコスメで、見た目年齢を若くします。

 

老け顔を予防するアンチエイジングの為には、エイジングコスメで日々のお手入れが大切です

見た目年齢が気になるシワ・シミ・タルミやほうれい線などの肌トラブルの悩みには、それぞれの目的に合わせたエイジングコスメを選ぶ事が大切です。

肌トラブル対策には、、大きく分けると「保温」「美白」「アンチエイジング」の3つが挙げられ、目的別肌トラブル対策のコスメでは、それぞれの悩みに効かせるための成分を高濃度で配合しているのが特徴です。

一般に目的別の美容液には、それぞれに対する成分が凝縮されている分、パワフルな効果が期待できるのですが、お肌はアレルギーや敏感肌など人それぞれ異なり全ての人のお肌に効果が期待できるものではありませんから、いろいろ試してみて自分に合ったエイジング選びが重要です。

 

毛穴用美容液

皮膚のピーリング作用があるフルーツ酸などを配合しているものが多いですが、毛穴の開きは過剰な皮脂分泌によるものだけではなく、たるみによる場 合もあるのでその場合は専用の美容液を使いましょう。

保湿・美白用コスメ

保湿用は保湿成分であるピアルロン酸やコラーゲンなどが配合され、うるおいをとどめる効果が、美白用は美白成分であるビタミン〔誘導体やアルブチ ンなどを含み、メラニンの生成をブロックする効果があります。

シミ・シワ用コスメ

ハリや弾力を取り戻すため、基となる繊維芽細胞に働きかけるレチノールやナイアシン、ポリフェノールなどを配合しているものもあります。

紫外線防止用(UVケア)コスメ

紫外線吸収剤を配合したものと、紫外線散乱剤を配合したものの2つのタイプがあります。紫外線吸収剤を配合したものは、一般的に肌への負担が大き いとされていますので注意しましょう。

 

 

エイジング美白のオールインワン乳液